FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後について - 2016.07.30 Sat

採卵後の診察に行ってきました。
受精は無事にしたとの電話をもらってはいましたが、私は不安でいっぱいでした。

「けいちゃん、もしダメになってたらごめんね。」

「え?大丈夫だよ。きっと上手くいってるよ。成長してる。大丈夫、大丈夫。」

「ちょっと心配で…。」

「大丈夫だよ。気を付けて行っておいで。」

旦那は最初から疑いもせずに上手くいくと思っていて、この日も普通に出勤していきました。今後のスケジュールがどうなるかもわからなかったので、「電話はいつでも取れるから。」と言いながら…。

受付を済ませるとすぐに番号を呼ばれました。まずは採血です。

「だいぶん青くなっていますね~。」

右手を出すと、看護師さんに言われました。

「はい…。だいぶん元に戻ってきましたけど…。」

「採血が続いたらしょうがないですよね。痛くないですか?」

「はい、上手にして頂いているので痛みはないです。」

「そうですか。ここ、刺してもいいですか?」

やっぱりここの病院の看護師さんは針を刺すのが本当に上手です。全然痛くありません。

「今日は先生の処置もあるので、かなりお待ち頂くようになると思います。申し訳ありません。」

待合室も廊下もいっぱいだったので、下の売店に行ったり総合受付前のベンチに座ったりして時間をつぶしました。

1時間ぐらい経ってから婦人科に戻りましたが、まだまだのようです。それから1時間30分経過して、やっと番号を呼ばれました。

今日はB先生でした。

私が椅子に座ると同時にB先生は「小林さん、残念ですが…。」と言われました。

…え?嫌な予感的中…ですか…?

「受精はしたと連絡があったと思いますが、」

「はい。」

「3日間は分裂をしていたんだけどね、それから止まってしまったんだ。」

「…。」

おそらく培養士さんが作成したのであろうプリントを出しながら、先生は説明を始めました。

「胚盤胞まで分裂を待って凍結をするんだけど、そこまで行かなかったから培養を続けてもしょうがないからね、止まった段階で培養は中止しました。」

「そうですか…。」

ほとんど棒読みで返事をしてから、ショックを受けているのか受けていないのか、悲しいのか冷静に受け止めているのかよくわからない感情が胸にあふれてきているのに気が付きました。

私、何を考えているのだろう?何を感じているのだろう??なんか、よくわからない。

「原因はわからないんだけどね…。」

「そうですか…。」

「これからなんだけど、小林さんは顕微でしていくのがいいとは思うんだけどね、採卵までを、自然でやったらどうかと思ってね。」

「自然…ですか?」

「うん。クロミッドでは前回は2つ、今回は1つ卵が採れたけど、刺激を与えてもそんなに成績が変わらないかもしれないんだよね。」

「薬を飲まないということですか?」

「うん、クロミッドは飲まない。前日の注射はするよ。それまでも状態を見て、状況によっては注射があるかもしれないけど、自然でいくということ。」

「そう…ですか…。」

もう、頭がまわりませんでした。体外受精は全然知識がありません。どういうアプローチがいいのか、どういった方法があるのかも、セミナーで聞いたぐらいの知識しかありませんし、「いえ、クロミッドでお願いします。」と判断する元気も、この時は力が抜けていて全くありませんでした。

「自然で採卵を目指したらね、排卵してしまったということもあるんだよね。だからそこはよく見ていかないといけないんだけどね。」

「はい…。」

「採卵したら、今回と同じ顕微をして、受精したら凍結させずにすぐに移植になります。」

「すぐに移植ですか?」

「うん。ここはご主人とよく話し合ってきてほしいんだ。胚盤胞じゃないと嫌ですって方も結構いるからね。」

う~ん、よくわからない。何がいいのか、何が合っているのか?

「ご主人とよく話し合って。ね?」

「はい。」

「何かわからないことがあったら、なんでも何度でもお答えしますから。」

「わかりました。ありがとうございます。」

内診をして頂くと、ちょっと採卵の時の出血がまだ残っているようでした。

「そんなに出血してないと思うから大丈夫だからね。出血があっても心配しないで。ま、でも、もうすぐ生理になると思うから。」

クロミッドだと、次の次の生理から飲み始めないといけません。それまでに旦那とよく話し合うようにとB先生に言われて、診察は終わりました。

会計を済ませて、旦那に電話をしました。

「けいちゃん、ごめん、ダメだった。」

「え?」

「3日目までは育ったみたいだけど、そこで分裂が止まったって。原因不明みたい。」

「そっか…。また頑張ろう。な?次は絶対上手くいくよ。一緒に頑張ろう。」

「うん…。次をどうするかご主人とよく話し合って下さいって言われたよ。帰ったら話すね。」

「うん、わかった。ルカ、気を付けて帰ってね。大丈夫か?」

「うん、大丈夫。ありがとう。」

旦那の声を聞くと泣いちゃうかなと思いましたが、なんだか無の状態のようでした。自分がよくわからない…。

母親にも電話しました。すると、

「また次よ、次。どんどん頑張らないとね。応援はするから。」

と機嫌が良かったのか、励ましてくれました。気まぐれな母親だけど、やっぱりありがたいな…。

帰宅して、応援してくれている先輩にラインを送りました。顔を見る度に「どう?体調は?無理しないでね。絶対出来るから大丈夫。」と励ましてくれる優しい、大好きな先輩です。体外受精をしていることも全部話してきています。

ー残念だったね…。今、家?

ーはい、家です。残念でしたけど、また頑張ります^-^

家?と聞かれたので、てっきり電話がかかってくるのかな?と思いましたが、かかってくる様子はありません。私からかけるのも変かな?どうしようかな…と思っていると、ピンポーンとインターホンが鳴りました。「大丈夫?来ちゃった~。」と、まさかの先輩が家まで来て下さいました!

う、嘘でしょう?と思っていると、私の大好きな桃を買ってきて下さっていました。

「これ食べて元気出して。大丈夫よ、先生は絶対子宮にくっつくようにやってくれるから。先生の仕事なんだから。次は絶対にくっつくよ。大丈夫よ。」

涙がぶわーっと溢れてきて、気が付いたら先輩に抱き着いて声を出して泣いていました。

私、やっぱり泣きたかったんだ…。先輩に迷惑かけちゃう、ごめんなさい。でも、涙が止まりません。

顔を上げると、先輩も泣いていました。

「大丈夫だから。私、すぐもらい泣きしちゃうから、帰る!今日はいっぱい旦那さんに甘えるんよ。」

目を真っ赤にしながら、あっという間に先輩は帰っていかれました。

私、なんて周りの人に支えられているんだろう。なんてありがたいんだろうと、まだ止まりそうにない涙を拭きながら思いました。

私はもう諦めた方がいいのかなって思っていたけど、周りは頑張れって言ってくれる。支えて下さる優しい人も周りにいて、私は一体どうやって恩返しをしたらいいのだろうか?と考えていました。

結局、頑張れることを頑張るしかない。出来ることを努力するしかない。

支えて下さる方の為にも。

こんな私だけど…。

だから、がんばれ、私。がんばるんだよ、私。


クリックで応援してもらえたら励みになりますm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ママになりたいを応援!!定期便初回のみ42%OFF♪
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ


● COMMENT ●

こんにちは

顕微受精経験者です。4回目の移植で授かり出産しました。
体外では刺激法がありますが、どのくらい卵がとれるのかは個人差があるようで、私の場合どんなに刺激を強くしてもせいぜい一個しかとれませんでした。
自然は排卵のリスクが高いから医師は大抵すすめてきませんでした。刺激法が使えない人が止む無く選択する方法だと言われたことあります。でも、クリニックによっては自然の方を重視してるところもあるようです。

初めまして

初めまして、少し前からブログを拝見させてもらっていました。
私も不育症と今は不妊症でもあって治療中です。流産回数4回と年齢もほとんど一緒です。不育症の原因が避けていた検査によって1年半前にわかりました。(徹底的に検査しなかったことは、今からは後悔です)

私はルカさんより早めに不妊治療に入った為、色々と経験してます。
なんと不妊の病院3回変えてます。(TT)
採卵回数は合計すると5回、移植回数は6回、今7回目チャレンジ中です。

病院によって採卵までの卵の誘発方法は違います。何処があっているかは個人差があります。どれがいいかは悩みます(TT)

1つ目の病院は(薬と数は少ないが注射)低刺激で3~5個ぐらいを狙って卵を取るところでした。
2つ目に通院していた病院は、生理三日目の内診で卵の数を見て
血液検査のFSHの数値がいいと、強い刺激を与えて(注射をほぼ毎日打つ)数をとるところでした。
現在の病院は、なるべく自然を目指して1つの卵を取るのを目標にしてます。

いろいろ経験してみて、卵巣のパワーがあり、誘発することによって数が取れるなら薬や注射で刺激を与えるのはメリットありますが
数が変わらないなら、体に負担のかからない自然でいいかな??と個人的には思いました。
(不妊治療で有名な加藤レディースクリニックは、なるべく誘発は減らし自然を目指してるので、自然も有りは有りだと思いますよ)

これからの事は言うか迷ったのですが・・・・
自然妊娠4回なさってるのなら1回のふりかけで受精しなかったからと
2回目から顕微は正しいのか少し疑問に思いました。
気を悪くしたらスミマセン。

因みに
1つ目の病院は ふりかけか、顕微を自分で決める病院でした。※絶対顕微でないといけない場合は言われたのかも?
2つ目の病院は、まず、ふりかけで受精を試みて、夜にもう一度卵を確認して動きが見られないとレスキューという形で顕微に切り替わる病院でした。
3つ目は、培養士が卵の状態を見て、どちらがおススメか指示してくれる病院です。

採卵を若いうちに数やって卵をためるというのも、よく聞く話で病院によって反対のところもあるのですね・・・。私はまだやったことないのですが、今の病院が出来るか聞いてみようと思いました。

私も不定期ではありますが、ブログやってます。
こちらのブログにはガンマグロブリンで辿り着きました。

これからもブログ楽しみにしています。
お互いに元気な赤ちゃんが授かりますように

Re: こんにちは

>メロンさん^-^
本当に本当にお返事遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
コメントありがとうございます。
メロンさん、4回の移植を経験されたのですね。頑張られたのですね。私は1回も移植へ進めていません。2回しか体外受精…というか、採卵しか経験ないですね、移植までいけてないので…。すでにちょっと疲れてきています。
私は体外受精へステップアップしてまだ経験も知識も浅いのですが、なんとなく、私も刺激してもあまりたくさんの数が育たないんじゃないか?と思っています。
たしかに、クリニックによっては自然を押すところもあるようですね。年齢のことがあるのかわかりませんが…。私は先生に対して「いえ、こうして下さい。」とはなかなか言えないし、かといって他に提案とか要望があるわけでもないし(><)
先生のおっしゃる通りにおまかせするしかないな~という感じです。
難しいですね、体外受精は。お金もかかるだけに、頭が痛いところです…。

Re: 初めまして

> 楽さん^-^
本当に本当にお返事が遅くなってしまって申し訳ありませんでした。
コメント、ありがとうございます。
細かくご経験されたこと、アドバイス、ありがたいです。本当にありがとうございます。
加糖レディースクリニックでは自然を薦める、というのはたしかに他の方のブログでも拝見しています。ですので、私も知識は無いながらも、それもアリなのかな?とは思っています。
ただ、ほんと、全然わからないんですよね(><)何が一番私に合っているのか?もう悩んで悩んで…。でも先生に「これでお願いします」とも言えず…。
そうなんです、私も流産は(4回ではなくて、5回経験しています)していますが、全て自然妊娠なので、すぐに顕微と言われた時は正直、「う~ん」と思いました。金額も跳ね上がるし…。でも年齢考えると、少しでも早く早く…とどうしても思ってしまい、先生の言われるままにお願いしました…。こればっかりは私はそう思っていても原因がわからないので、旦那は自分に問題があったのでは?と思い、旦那が顕微に賛成したというのも大きいのですが…。
楽さんのお言葉に全然気を悪くなんてしていませんよ^-^ 私もそう思っていたので(;^ω^)
医師とコミュニケーション取るのはもちろんなのですが、培養士さんともしっかり話してみたいな~と最近はちょっと思っています。何をどう聞けばいいのかわからなかったので、いつも質問はありますか?と聞かれてもなかなか聞けずにいたので…。
ほんと、難しいですね~、体外受精は。早く移植まで行きたいし、お金はかかるし、心が疲れていくのがよくわかります(/_;)
楽さんも年齢がほぼ一緒でチャレンジ中なのですね^-^ 励ましのコメント、ありがとうございました。私も頑張りますね!


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukakusikyu.blog.fc2.com/tb.php/501-6a0fe7de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

病院行くの、止めるか? «  | BLOG TOP |  » 受精確認の電話

プロフィール

小林ルカ

Author:小林ルカ
2008年3月に結婚。現在43歳。
4度流産後、中隔子宮とわかり、子宮中隔除去手術を受けました。手術後、人工受精へステップアップするもなかなか妊娠せず、結局自然タイミングで妊娠。しかし5度目の流産となりました。現在、ガンマグロブリン治験にむけ妊活を継続中。不育症治療を記録していきます。
私の妊活について詳しくはこちら

不育症で頑張っている方たちです

最新記事

カテゴリ

自己紹介 (1)
不育症 (16)
初めての妊娠、流産 (3)
2回目の妊娠、流産 (3)
3回目の妊娠、流産 (6)
4回目の妊娠、流産 (6)
青木産婦人科クリニック (3)
大学病院 (10)
家族のこと (4)
生殖医療センター (10)
不育症検査 (6)
子宮中隔除去手術 (16)
手術後の経過 (10)
手術後の検査 (5)
手術後の妊活1周期目 (18)
手術後の妊活2周期目 (41)
手術後の妊活3周期目 (35)
手術後の妊活4周期目 (29)
手術後の妊活5周期目 (25)
手術後の妊活6周期目 (21)
手術後の妊活7周期目 (16)
手術後の妊活8周期目 (11)
手術後の妊活9周期目 (15)
手術後の妊活10周期目 (16)
手術後の妊活11周期目 (10)
手術後の妊活12周期目 (10)
手術後の妊活13周期目 (11)
手術後の妊活14周期目 (10)
手術後の妊活15周期目 (8)
手術後の妊活16周期目 (11)
5回目の妊娠、流産 (13)
5回目の流産後の経過 (8)
流産後の妊活1周期目 (10)
流産後の妊活2周期目 (6)
流産後の妊活3周期目 (5)
流産後の妊活4周期目 (3)
流産後の妊活5周期目 (3)
流産後の妊活6周期目 (4)
流産後の妊活7周期目 (6)
流産後の妊活8周期目 (16)
流産後の妊活9周期目 (5)
体外受精に向けての準備 (13)
初めての採卵 (5)
2回目の採卵 (8)
3回目の採卵 (8)
4回目の採卵 (12)
5回目の採卵 (4)
6回目の採卵 (3)
妊活レシピ (7)
FC2ブログ (2)
皮膚線維腫 (2)

アクセスランキング

不育症学級

PR

anniversary

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。