FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2回目の採卵 - 2016.07.13 Wed

採卵日前日。先生から指定された通り、17時と23時に無事に座薬を入れました。
左の卵巣奥に大きな卵胞があるとわかったからか、なんとなくいつもより深い位置がチクチク痛い気が…(;^ω^)
気のせいよね、うん、大丈夫。先生の指示通りにしてるんだから排卵はしてない、してない…と呪文のように心の中で唱えながら、旦那と一緒にスーパーに買い物に行って鰻と山芋を買ってきて、先輩から頂いた長寿うどんを食べました。

私は21時までに食事は済ませ、23時以降は絶飲食となります。採卵日の朝は早いので、旦那と早めに休みました。

***採卵日当日***

前回と同じく、化粧は薄めにファンデーションと眉毛ぐらいにして、結婚指輪も腕時計も外して、用意しておいてくださいと言われていた生理用ショーツとナプキン3枚(昼・普通用)を持って、旦那と一緒に病院へ行きました。

旦那が早めに出ようと言ったので、朝6時に家を出ました。思ったよりもスムーズについて、病院ではまだ自動診察受付は始まっていませんでした。ロビーにはチラチラ人はいます。トイレを済ませて待っていると、時間になったのか、整理番号を呼ばれていました。

整理番号?こんなに早く来た事がないので知りませんでした。隣にいたおじさんも、「それってどこでもらえるの?」と聞いています。どうやら警備員室前でもらえるようです。急いで分厚い整理番号札(17番でした)をもらって並び、無事に受付を済ませると、婦人科へと行きました。

そこでもまだドアが開いていません。エレベーターホールで受付開始を待っていました。この総合病院では、どんなに早く婦人科へ入っても、1階で通した自動受付機の情報が来ているらしく、必ず受付開始時のみその順番で呼ばれます。その方がダッシュする人とかいないし揉めないですよね(;^ω^) とてもいいやり方だと思います。

受付を済ませると、すぐに私の手首にはリストバンドがつけられました。すぐに番号を呼ばれ、まずはまだ卵胞があるかどうかの内診でした。

私はてっきりB先生だろうと思っていたのですが、なんとD先生。

不安は的中し、
「うーん?本当に左にあったの?見つからないんだけど…。」D先生が看護師さんに聞いている声が聞こえます。もしかして排卵してしまった?

「B先生と一緒に内診お願いします。」バタバタとB先生の足音が聞こえました。グリグリと内診され、モニタにはぼーっと大きな卵胞の影が映りました。おおー(*'ω'*)

「ここにあるんだよ。うん、ちゃんと説明をしているから。位置によっては、採れない場合もある。血管とか腸とかね。場所が場所だから。右は消滅したかな…。ちゃんと説明してるから。」ボソボソとB先生が話しているのが聞こえました。

いつもならここで、「排卵してないですから、今日は採卵(人工授精)できますからね~。」と先生から声がかかるのですが、今回は何もなし(;^ω^) ちょっと遠くで「二人とも決行でーす。」と話す看護師さんの声が聞こえ、これ、私の事…よね?と思いました。

そのまま看護師さんに、旦那と私が回復室へと案内されました。それじゃあ、出来るってことよね?どうして今日は説明がないんだろう?と思いながら、看護師さんに「今日は採卵できるんでしょうか?」と聞くと、「はい、出来ますよ。」と言われ、やっと安心することが出来ました。

回復室は前回と同じベッドでした。「小林さん、こちらのベッドです。トイレを済まされてから、着替えて下さいね。ブラジャーは取って、下はまだ履いたままで結構です。後ですぐ点滴にきますね。」と案内され、「それでは、ご主人様はこちらへどうぞ。」と旦那は採精室へ案内されていきました。

「頑張ってね。」

「おう、大丈夫。まかせとけ^-^」

旦那が部屋を出て行った後、すぐに私はトイレに行ってから、着替えました。ここの部屋のベッド脇の棚、相変わらずかけにくい(;^ω^)

枕元には巾着袋(中に生理用ショーツとナプキン)と水のペットボトルを置いて待っていると、すぐに看護師さんは現れて点滴をして下さいました。そのまま横になって待っていると、旦那が戻ってきました。

「どうだった?」

「おう、ばっちり^-^」 出ました、ドヤ顔(;^ω^)

「ありがとうね。後は私だね。頑張るよ。」

「おう、大丈夫だよ。頑張れよ。」

看護師さんが再び現れました。

「小林さん、それでは、もう一度トイレに行って頂いて、戻って来られたら下も取って頂いて、シャワーキャップをかぶって待ってて下さいますか?」

「わかりました。」

ベッドに戻ってから下着を脱ぎ、シャワーキャップをかぶって、待っていました。

「小林さん、それでは行きましょうか。」

「はい。これがショーツとナプキンです。じゃあね^-^」

旦那に手を振って、点滴をガラガラ引きながら、看護師さんに案内されて処置室へと入りました。

いよいよ、2回目の採卵です。


クリックで応援してもらえたら励みになりますm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ママになりたいを応援!!定期便初回のみ42%OFF♪
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukakusikyu.blog.fc2.com/tb.php/498-a450f435
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無事に採卵が終わりました «  | BLOG TOP |  » 奇跡は起きた!!

プロフィール

小林ルカ

Author:小林ルカ
2008年3月に結婚。現在43歳。
4度流産後、中隔子宮とわかり、子宮中隔除去手術を受けました。手術後、人工受精へステップアップするもなかなか妊娠せず、結局自然タイミングで妊娠。しかし5度目の流産となりました。現在、ガンマグロブリン治験にむけ妊活を継続中。不育症治療を記録していきます。
私の妊活について詳しくはこちら

不育症で頑張っている方たちです

最新記事

カテゴリ

自己紹介 (1)
不育症 (16)
初めての妊娠、流産 (3)
2回目の妊娠、流産 (3)
3回目の妊娠、流産 (6)
4回目の妊娠、流産 (6)
青木産婦人科クリニック (3)
大学病院 (10)
家族のこと (4)
生殖医療センター (10)
不育症検査 (6)
子宮中隔除去手術 (16)
手術後の経過 (10)
手術後の検査 (5)
手術後の妊活1周期目 (18)
手術後の妊活2周期目 (41)
手術後の妊活3周期目 (35)
手術後の妊活4周期目 (29)
手術後の妊活5周期目 (25)
手術後の妊活6周期目 (21)
手術後の妊活7周期目 (16)
手術後の妊活8周期目 (11)
手術後の妊活9周期目 (15)
手術後の妊活10周期目 (16)
手術後の妊活11周期目 (10)
手術後の妊活12周期目 (10)
手術後の妊活13周期目 (11)
手術後の妊活14周期目 (10)
手術後の妊活15周期目 (8)
手術後の妊活16周期目 (11)
5回目の妊娠、流産 (13)
5回目の流産後の経過 (8)
流産後の妊活1周期目 (10)
流産後の妊活2周期目 (6)
流産後の妊活3周期目 (5)
流産後の妊活4周期目 (3)
流産後の妊活5周期目 (3)
流産後の妊活6周期目 (4)
流産後の妊活7周期目 (6)
流産後の妊活8周期目 (16)
流産後の妊活9周期目 (5)
体外受精に向けての準備 (13)
初めての採卵 (5)
2回目の採卵 (8)
3回目の採卵 (8)
4回目の採卵 (12)
5回目の採卵 (4)
6回目の採卵 (3)
妊活レシピ (7)
FC2ブログ (2)
皮膚線維腫 (2)

アクセスランキング

不育症学級

PR

anniversary

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。