FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医療費控除~実際に私がやったこと - 2016.04.22 Fri

このたびは九州、熊本を中心とした地震災害に遭われた方に心からお見舞い申し上げます。
本当に心が痛いです…。微々たるものですが、支援物資を送らせて頂きました。一日も早い復旧・復興を心よりお祈り申し上げます。


****************************************
私が具体的に医療費控除に向けてやったことをまとめました。
今回も長いです。ご了承下さい。興味ない方は読み飛ばして下さいね。

●役所に行って相談にのってもらった(確定申告の時期だったので役所に相談窓口があった)
 ・5年前まで遡って申告できることを知った
 ・不育症検査の費用も含まれる、交通費も含まれると知った

この段階で、5年前といえば…。そうなんです、私は名古屋の青木先生の所まで通った年なんです('Д')
おお!ギリギリじゃん!もしかしたら10万円超えてるかも~と思いました。

●税務署に行って申告用紙をもらう
 ・医療費控除に必要なものを聞いて、封筒や用紙などをもらう。
  ➡申告用紙
  ➡医療費の明細書(別紙)
  ➡領収書を入れる封筒
 この3つを税務署でもらいました。
 気を付けないといけないのは、●●年度で申告用紙は違います。特に私は5年前を申告したので、復興特別所得税がありませんでした。それを知らずに税務署に持って行った為、その場で訂正しました。きちんと書類を頂く時は、税務署の方に「●●年度の医療費控除申告をしたい」と伝えて書類をもらって下さい。

●100均に行って、領収書を入れる袋を5袋買う(笑)
0077
A4サイズのを買いました^-^ 年度ごとに色違いがいいかな~と思って5色買いました。
透明で中が見える方が、年度がわかって使いやすいですよ。

私は医療関係の領収書は全て保管していますが、薬局で買った薬のレシートはちょっと苦労しました(;^ω^) 全部レシートの項目を探さないといけないんですもんね(;^ω^) これからは家計簿をつける時は薬の所に赤線を引いて保管しておくようにしました。

●旦那に5年前からの源泉徴収票を会社でもらうようにお願いする
 源泉徴収票って必ずもらうと思うのですが、意外と使うこととかあるんですよね。家計簿をチェックして、もう手元にない源泉徴収票をもらってきて~とお願いしました。医療費控除に使うから~と経理の方に言うと、すぐにもらえたそうです。
 ところが、このもらってきた源泉徴収票、経理の方のミスで、「●●年度」のところを間違えて全て同じ年になってしまっていて、二縦線で訂正が入っていました(;^ω^) 不安に思いながら税務署にそのまま持って行って聞くと、大丈夫ですよ~とのことでした。

●年度ごとに計算
 まず、今年(平成28年、2016年)の3月に申告を行う場合、申請できるのは
 昨年(平成27年、2015年)1月1日~12月31日の間の医療費ということです。そこから遡って5年前まで申告できました。
 病院とか薬局の領収書、レシートって元号だったり西暦だったりバラバラなので、私はメモを書きました。
 2016年 H28 ←今年
 2015年 H27
 2014年 H26
 2013年 H25
 2012年 H24
 2011年 H23
 こんな感じです^-^ すっごく単純なメモなんですけど、これが結構役に立ちます。

 ➡年度ごとに領収書、レシートを分ける

 ➡年度ごとに分けたら、次は人ごとに分けます。
  歯医者は旦那、総合病院は私、薬局で買った薬は旦那の風邪だから旦那…という感じに。

 ➡病院ごとに分けます。
  ●●病院、●●薬局、△△医院、○△ドラッグ…という感じに。

 ➡この段階で、私はエクセルに入力していきました。
  0078
  年度ごとにシートを作りました。
  まずはせっせと日付、病院名、薬局名、どういった治療か、金額を入力していきます。
  後でソートできますので、日付を順番通りに入れていかなくても大丈夫です。
  こんな感じです。この年は旦那は禁煙外来に通っていたので、それも計上しましたよ~。

  0080

 ➡領収書、レシートのない交通費を書き出す
  家計簿につけているタクシーや地下鉄、新幹線、バスなどの必要だった交通費をエクセルに入力します。
  前回も書きましたが、領収書がなくても●●駅~●●駅と書いていれば税務署で調べるから大丈夫だそうです。
  車のガソリン代、駐車代は含まれません。
  これ、勘違いされる方もいらっしゃるらしいのですが、基本交通費は申告する医療費には含まれません。
  ただし、交通機関を使わないと通院できなかった場合や、遠方の医療機関に通わないと治療・検査が受けられなかった場合の交通費は含まれます。
  私は流産した時に利用したタクシー代を書いたのですが、問い合わせはありませんでした。もし問い合わせがあれば、きちんと理由を答えれば何も問題無いと思います。
  青木産婦人科も新幹線でないと通うことが出来ませんでしたので計上しました。
  交通費はこんな感じで入力しました。

  0081

 ➡エクセルで入力したデータをソートして、それぞれの合計を出します。

 ➡ここで、金額を確認してみましょう。1年間で10万円を超えていましたか?

 ➡よし、10万円を超えていた~!となっても、実はここから引くものがあります。
   ・受けた治療によって生命保険会社から支給された保険金
   ・高額医療費、家族療養費、出産育児一時金(妊娠85日以上での流産なら支給されます)
   ・不妊治療助成金、自治体によっては不育治療助成金
   以上のものは引き算しないといけません。詳細は下で書きますね。

 ➡私の場合は引き算するものは無かったので、合計のみの金額です。
   エクセルでソートしたデータをそれぞれ病院、薬局、交通費で合計を出し、さらに人ごとで合計を出し、最後に世帯で合算します。
  こんな感じです。そして誰の名前で申告するか、ということも考えないといけないのですが、これも詳細は下で書きます。

  0082

 ➡それでは、実際にその金額で申告した場合、どれくらいの税金が返ってくるのか計算してみましょう。

  計算式は、この通りです。

  0079

  10万円または所得税の5%というのは、総所得200万円未満の方は総所得金額等の5%の方を引いて下さいということだそうです。これは所得に応じて引く金額、負担を変えているということみたいですね。医療費控除を申告する時は必ず源泉徴収票が必要となりますので、総所得を確認して、自分はどちらを引くのかを確認してみて下さいね。

  今までも何度も10万円を超えていますか?と言っているのはこのことです。引く金額が10万円となっているのでそれ以上でないと還付が0円ということになります。そして、総所得金額が200万円未満の方は、かかった医療費が10万円を超えていなくても金額によっては還付がありますよ~ということです。

  さて、先ほど、引き算するといった生命保険などの金額についてですが、これ、質問が多いらしいです(;^ω^)
  私は今回申告した年はまだ生命保険に入っていなかったので引き算するものが無かったのですが、今後の為に質問してきました。

  例えば入院・手術などで15万円かかったとします。生命保険会社から22万円が支給されました。そうすると、7万円浮きますよね?この7万円はどうするのか?ということです。入院、手術でかかった費用から生命保険で補てんされた金額だけを引くことになるので、7万円は引きません。15万円だけ引くということでいいらしいですよ^-^

  さて、ここまでの計算で出た数字ですが、残念ながらこの金額が還付、戻ってくるわけではないのですよね~、う~ん、残念!

  この金額が、医療費控除の対象金額となります。この対象金額には上限がありまして、200万円なんだそうです。
  
  この金額の大体10%が戻ってきます。

  この計算式にもやっぱりパターンがあります。
  一家の大黒柱さんの所得が
  200万円未満の場合 5%
  200万円~700万円未満の場合 10%
  700万円以上の場良い 13%
  この金額が引かれたのが減税金額となるので、高額所得者になるほど還付金は多くなるという仕組みです。

  …ということは、申告する人によって金額が変わってくるということですよね?

  パターンでいうと、
  ●夫の名前で申告する(妻が専業主婦)
  ●妻の名前で申告する(共働きの場合で医療費がそこまで高くない場合)
  ●夫、妻、それぞれの名前で申告する(共働きの場合で医療費がそれぞれ高い場合)
  だと思うのですが、私は微々たる収入なので、旦那の名前でまとめて提出しました。

  色んなパターンで計算してみるといいかもしれません。ここで自動計算してくれますよ(http://www.hahoo.jp/KEISANKI/

 ➡誰の名前で申告するかが決まったら、記入をしていきましょう。

 ➡申告用紙に記入例がありますので、それに沿って書いていけば大丈夫です。そんなに難しくなかったですよ^-^
  この申告書に還付金を振り込んでもらう銀行口座を書くようになっています。
  医療費の明細書(別紙)に、思わず私の名前のところに「本人」と書いてしまい、書き直してしまいました(;^ω^)
  皆さんのご主人の名前で申告する場合は、ちゃんとご主人のところに「本人」、ご自分の名前のところに「妻」と書いて下さいね。
  こんなミス、私ぐらいかな?(;^ω^)

 ➡領収書、レシートをまとめました。
  紙に貼るのが一番いいらしいのですが、私は返送してもらいたかったので、それぞれ病院ごとにホッチキスで止めてまとめました。

 ➡領収書を返送してもらう封筒を準備。
  私は領収書を返してもらいたかったので、領収書が入る大きさの封筒を買ってきて自宅の住所と旦那の名前(もちろん”行”と書きました)を書いて、封をせずに領収書を入れて、郵便局の窓口で「これを返送してもらうようにしたいのですが」と言うと、計算してその分の切手を売ってくれました。その切手を封筒に貼って、領収書はその封筒から出して(しつこい笑) 、税務署へ持っていきました。※ちゃんと提出する用の領収書を入れる封筒はもらえます。これも簡単に記入するところがあります。

 ➡最近はネットでも申告できるのですが、税務署に直接持っていく場合、旦那の名前で申告でも妻が持って行ってもいいそうですよ。私はたまたま旦那が休みの時だったので2人で行きました^-^ 持っていく印鑑は認め印で大丈夫でした。

 ➡これで終了です!特に問い合わせの電話もなかったので、大丈夫だったのでしょう^-^

 ちなみに、この申告した年、旦那の転勤で今とは全然違う住所だったんですよね。青木産婦人科クリニックのある名古屋までの交通費はもちろん違うし、駅名もなんでここから?という場所だし、そもそも通っている病院、薬局が全部他県です(笑)
現住所とあまりにも違うから、おそらくここら辺に住んでた?と思いながらのチェックだったと思うのですが、それについても何も聞かれませんでした。
 新幹線の領収書はたまたま取っていたのでそれが証明になったと思うし、現住所からの交通費ではないので大丈夫だったのかもしれませんが…。

 私は今回、5年前のものを駆け込みで申告しましたので、これからまた前年度までのをまとめようと思います。

 思ったよりも簡単にできますので、どうしようかな~と迷っている方は、特に私のように不育症で助成金がもらえない自治体に暮らしている方、是非トライしてみて下さい。ほんの少しでも戻ってきたら、やっぱり嬉しいですよ^-^


クリックで応援してもらえたら励みになりますm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ママになりたいを応援!!定期便初回のみ42%OFF♪
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukakusikyu.blog.fc2.com/tb.php/478-836a446b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

泣いてます… «  | BLOG TOP |  » 医療費控除~やった!振り込まれます^-^

プロフィール

小林ルカ

Author:小林ルカ
2008年3月に結婚。現在43歳。
4度流産後、中隔子宮とわかり、子宮中隔除去手術を受けました。手術後、人工受精へステップアップするもなかなか妊娠せず、結局自然タイミングで妊娠。しかし5度目の流産となりました。現在、ガンマグロブリン治験にむけ妊活を継続中。不育症治療を記録していきます。
私の妊活について詳しくはこちら

不育症で頑張っている方たちです

最新記事

カテゴリ

自己紹介 (1)
不育症 (16)
初めての妊娠、流産 (3)
2回目の妊娠、流産 (3)
3回目の妊娠、流産 (6)
4回目の妊娠、流産 (6)
青木産婦人科クリニック (3)
大学病院 (10)
家族のこと (4)
生殖医療センター (10)
不育症検査 (6)
子宮中隔除去手術 (16)
手術後の経過 (10)
手術後の検査 (5)
手術後の妊活1周期目 (18)
手術後の妊活2周期目 (41)
手術後の妊活3周期目 (35)
手術後の妊活4周期目 (29)
手術後の妊活5周期目 (25)
手術後の妊活6周期目 (21)
手術後の妊活7周期目 (16)
手術後の妊活8周期目 (11)
手術後の妊活9周期目 (15)
手術後の妊活10周期目 (16)
手術後の妊活11周期目 (10)
手術後の妊活12周期目 (10)
手術後の妊活13周期目 (11)
手術後の妊活14周期目 (10)
手術後の妊活15周期目 (8)
手術後の妊活16周期目 (11)
5回目の妊娠、流産 (13)
5回目の流産後の経過 (8)
流産後の妊活1周期目 (10)
流産後の妊活2周期目 (6)
流産後の妊活3周期目 (5)
流産後の妊活4周期目 (3)
流産後の妊活5周期目 (3)
流産後の妊活6周期目 (4)
流産後の妊活7周期目 (6)
流産後の妊活8周期目 (16)
流産後の妊活9周期目 (5)
体外受精に向けての準備 (13)
初めての採卵 (5)
2回目の採卵 (8)
3回目の採卵 (8)
4回目の採卵 (12)
5回目の採卵 (4)
6回目の採卵 (3)
妊活レシピ (7)
FC2ブログ (2)
皮膚線維腫 (2)

アクセスランキング

不育症学級

PR

anniversary

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。