FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

塩対応ですね、とほほ - 2016.03.29 Tue

1年強前、体外受精へのステップアップを迷っていた私は、セミナーだけでも受けてみたら?と受講予約を入れていましたが、ちょうどその周期で妊娠したので、受講をキャンセルしました。

今回は前日でも予約は大丈夫ですよ~と言われたので、そんなに人数はいないのかな?と思っていましたが、旦那と行ってびっくりしました。セミナー会場となっているオリエンテーションルームは超満員。ほとんどがご夫婦での参加でしたが、廊下まで人で溢れていました。前回キャンセルしたセミナーの時は一人で受講予定だったな…とか色々なことを思い出しました。

こんなに頑張ろうとしている方達がいるんだと思うと、今ではクラスに一人は体外受精で授かった子供がいる計算になると説明を受けたのも納得しました。頑張ろう。うん、頑張るしかないんだ。

医師からのお話、看護師さんの説明、培養士さんの説明、最後は質疑応答でした。

私たちの隣で熱心に聞いていたご夫婦は、ご主人の方がノートにびっしりと書き込み、蛍光ペンで線を入れたり枠をつけたりしていました。頂いた資料に丸をつけたりメモしたりぐらいは私達もしましたが、あまりの熱心ぶりに、旦那が「隣の人、医者の卵?ちょっと普通じゃないよね。」と気にしていました(;^ω^)

質疑応答では終わりがないんじゃないの?というぐらい質問がバンバン出ていました。「いくら聞いても人工授精と体外受精の違いがわかりません。」と聞くカップルもいました。さすがにそこに長い時間は取れないので、先生も簡単に説明をして、後は診察の時にゆっくりお答えしますと言われていました。

あと、印象的だったのは、「年齢を重ねるとどうしても焦ってきますが、卵子の質を上げる為にできることはありますか?」という質問でした。T先生やE先生だったらきっとダメとわかっていても希望を持たせるような言い方をすると思うのですが、そこはさすがB先生、大きくため息をついてから「ありません。卵子の質をあげることは不可能です。」ときっぱり。この時はちょっとだけ会場もざわつきました。

今はこの地元の病院も初診がどれだけ待たないといけないのか知りませんが、セミナーだけでもこれだけの人数です。きっとこれからは待ち時間も更に増えるんだろうなと思いました。

帰りは、せっかくの旦那の休みの日なので、役所で戸籍謄本をもらってきました。大量の体外受精の同意書にもサインをして、数日後、再び夫婦でB先生の診察を受けました。

久しぶりのB先生です。前回D先生に提出した大学病院からの紹介状に目を通されていました。

「治験が受けられるようですね。」

「はい。不育症のホームページで年齢の更新があったので問い合わせをしたら一度来て下さいと言われて、説明を受けてきました。夫婦の染色体も調べて頂いて、治験の条件はクリアと言われたので希望を出してきました。」

「うん。そうみたいだね。体外受精については説明があったの?治験を受けるには体外受精がいいとか?」

「いえ、E先生からは、将来の子供のことを考えても早く妊娠したい、何人子供を産みたいかによっては体外受精を受けた方がいいと言われたので、それで…」

「いやいや、それはね、」

B先生に鼻で笑われ、話を遮られました。

「小林さんがいくら卵が残っているかを調べないと、体外受精ができるかどうかもわからないんだよ。」

「…。」

「こちらの病院に来た時に調べた結果でもね、あまり良くなかったんだよね。まず調べてからでないと、体外受精が出来るかどうかもわからないんだから。」

…だったら、一番最初に来た時に、自然タイミングから始めて人工授精へのステップアップじゃなく、体外受精を薦めてくれてもよかったんじゃ?とか思いましたが、ぐっと我慢しました。私はB先生とは合わない。それはわかってることなんだから。

「私たちは今後、体外受精でも妊娠は無理ということでしょうか?」

しーんとした診察室の中で、旦那が切り出しました。

「あ、いや、そういうわけではないですよ。体外受精を希望されるんでしたら、今日、ご夫婦共に採血して調べてみて、ご夫婦に合ったやり方を探してみることになります。」

…旦那には言い方も優しいんだよな…(´・ω・`)

「感染症を調べる検査もしばらくしてないですから、今日、調べようと思います。」

「先生、大学病院でも色々と調べて頂きました。これが検査結果です。」

「あ~。うん、ほとんど調べてきたんだね。それじゃあ、残りの項目を調べてみようか。どうされます?体外受精は希望されますか?」

「はい、お願いします。」

「それでは、採血をされて、次の時に結果を見ながらどういった方法でいくかを決めていきましょう。」

「あの、先生。前回の診察で、卵巣が腫れていると言われてお薬を飲んだんですけど、次の時に腫れが収まったか確認しましょうと言われたのですが…。」

「ああ、そうだったんだね。今回…妊娠はしてなかったよね?」

…はい?(;^ω^) 強制リセットをかけたし、ダメだったから体外受精を希望しているんですけど…。

「は…い、してないはずです。」

内診して頂くと、前回見えた大きな黒い丸は見えませんでした。

「うん、大丈夫みたいだよ。腫れはちゃんとひいてる。それじゃあ、今日は採血して帰ってね。」

相変わらずの塩対応のB先生でしたが、実績はあるんだし、信じてついていこうと思いました。

「いくらでも抜いて下さい。どっちの腕でもいいですから。がはは。」と採血大好きな旦那が言っているのを横目に見ながら、今日は旦那が一緒にいてくれてよかった、とにかく頑張ろうと思いました^-^



クリックで応援してもらえたら励みになりますm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村

ママになりたいを応援!!定期便初回のみ42%OFF♪
野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ


● COMMENT ●

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 鍵コメさん^-^

> 鍵コメさん^-^
コメントありがとうございます^-^ 返信遅くなってすみません。
B先生、日によっても感じが違うんですよね…。たまたまお疲れの時に当たってしまったのか、どうなんでしょうね(;^ω^)
ありがとうございます、聞き流すように努力しますね^-^

初めてのことばかりなので不安もありますし、しっかり見てもらっているという安心感もあります。
一つ一つが大変になるとは思いますが、頑張りますね^-^
いつもありがとうございます。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukakusikyu.blog.fc2.com/tb.php/475-005947fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

刺激法が決まりました «  | BLOG TOP |  » 卵巣が腫れています

プロフィール

小林ルカ

Author:小林ルカ
2008年3月に結婚。現在43歳。
4度流産後、中隔子宮とわかり、子宮中隔除去手術を受けました。手術後、人工受精へステップアップするもなかなか妊娠せず、結局自然タイミングで妊娠。しかし5度目の流産となりました。現在、ガンマグロブリン治験にむけ妊活を継続中。不育症治療を記録していきます。
私の妊活について詳しくはこちら

不育症で頑張っている方たちです

最新記事

カテゴリ

自己紹介 (1)
不育症 (16)
初めての妊娠、流産 (3)
2回目の妊娠、流産 (3)
3回目の妊娠、流産 (6)
4回目の妊娠、流産 (6)
青木産婦人科クリニック (3)
大学病院 (10)
家族のこと (4)
生殖医療センター (10)
不育症検査 (6)
子宮中隔除去手術 (16)
手術後の経過 (10)
手術後の検査 (5)
手術後の妊活1周期目 (18)
手術後の妊活2周期目 (41)
手術後の妊活3周期目 (35)
手術後の妊活4周期目 (29)
手術後の妊活5周期目 (25)
手術後の妊活6周期目 (21)
手術後の妊活7周期目 (16)
手術後の妊活8周期目 (11)
手術後の妊活9周期目 (15)
手術後の妊活10周期目 (16)
手術後の妊活11周期目 (10)
手術後の妊活12周期目 (10)
手術後の妊活13周期目 (11)
手術後の妊活14周期目 (10)
手術後の妊活15周期目 (8)
手術後の妊活16周期目 (11)
5回目の妊娠、流産 (13)
5回目の流産後の経過 (8)
流産後の妊活1周期目 (10)
流産後の妊活2周期目 (6)
流産後の妊活3周期目 (5)
流産後の妊活4周期目 (3)
流産後の妊活5周期目 (3)
流産後の妊活6周期目 (4)
流産後の妊活7周期目 (6)
流産後の妊活8周期目 (16)
流産後の妊活9周期目 (5)
体外受精に向けての準備 (13)
初めての採卵 (5)
2回目の採卵 (8)
3回目の採卵 (8)
4回目の採卵 (12)
5回目の採卵 (4)
6回目の採卵 (3)
妊活レシピ (7)
FC2ブログ (2)
皮膚線維腫 (2)

アクセスランキング

不育症学級

PR

anniversary

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。