FC2ブログ
topimage

2018-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよやってきた、緊張のセカンドオピニオン - 2015.12.19 Sat

診察室の中に入りましたが、先生のデスクは空席。看護師さんもいません。

あれ?私の番号じゃなかった?それとも診察室を間違えちゃったかな?(;^ω^)

不安になり、一度外に出て、看護師さんに「あの、私、ここで合ってますか?」と聞きなおしてしまいました。

「いえ、こちらで合っていますよ。すみません、もう少々お待ち下さいね。」

再び診察室に入り、座って待っていました。10分ほど経ってから、さっとE先生が奥から入ってきました。

「…どうも、お待たせしました。」

ギリギリ聞き取れるぐらいの小さな声です。こちらには一切目を向けず、デスクに向かって私の問診票をじーっと見ています。

先生、すごくハンサムです。え?こんなにかっこよかったの?そしてすごく優しそう…。

「なるほどね~。辛い経験をされてきたんですね…。お話を聞いてもいいですか?まず、1回目の妊娠が2008年?」

「はい、最初の妊娠は結婚してすぐでした。その時は地元のクリニックを受診して、流産した時もよくあることだよって言われました。」

「これは地元の病院ですか?普通の産婦人科?」

「はい、そうです。」

私がまとめてきた紙を見ながら話していると、

「ちゃんとまとめてきてくれたんだね~。」と、初めて私の眼を見て話しかけて下さいました。

E先生、めちゃくちゃ物腰が柔らかい。うわー、良い感じ。T先生を思い出して嬉しくなりました。

「うんうん、なるほどね~。この青木先生のところではどういった検査をされましたか?」

「その時の検査結果を持ってきました。あ、これまでの資料も持ってきています。エコー写真と、これは主人の採精した時の結果です。どれがいるのかがわからなかったので、あるものを全部持ってきました。」

「うんうん、そうだね。手術も受けたんだね…。なるほど…。昨年の妊娠の時は、何かお薬は飲んだりしましたか?」

「いえ、先生から、私の検査結果を見ても、アスピリンやヘパリンは必要ないだろうって言われて、お薬も注射も何もありませんでした。」

「うん、そうなんだよね~。B先生のおっしゃることも最もなんだよね。この検査結果を見てもはっきり出ていないからね。何もしない治療っていうのもあるんだよね。」

「え?先生、B先生をご存じなんですね。」

「うん、知ってるよ。」

やっぱりB先生は知られているんだな~。

「先生、ガンマグロブリン治験のことを不育症ラボで見まして、私も受けれたらなって思ったんですけど、B先生に問い合わせて頂いたら私は条件を満たしていないって言われました。年齢と、子どもは染色体の検査は出したんですけど、私たちは夫婦の検査をしていなくて。」

「うん。」

「素人考えですけど、連続で子どもの染色体に異常がなかったら、私たち夫婦にも異常がある可能性は低いんじゃないかって思ったんです。大学病院で説明もしっかり聞きましたが、結局打つ手がないなら、主人とも話し合って、夫婦の検査はいいんじゃないかって。」

「うん、僕もそう思うよ。ご夫婦の染色体に異常は見つからない可能性が高いね。」

!!!!!初めて、初めて医師に『夫婦の染色体には異常が見つからない可能性が高い』と言われました。やっぱり…やっぱりそうですよね!私は心の中で大きく大きく頷きました。

「グロブリンの治験には最初40歳までとありましたが、最近はHPに寄って年齢制限が違っていたんですけど。42歳のところもあって。病院に寄って違うということでしょうか?」

「あれはね、ごめんね、HPがまだ最新に更新されてないんだよね。おっしゃるとおり、42歳までに引き上げられたんだよね。近いうちに全ての病院が42歳になると思う。もう少し待ってね。」

「そういうことなんですね…。」

先生、優しいな~。心が和むな~(*'ω'*)

「あのね、たしかにこの検査結果を見たらはっきりしたものが出ていないんだけど、この検査を受けてから何年も経ってるよね?中隔子宮の手術を受けてからは受けてないよね?」

「はい。」

「何年か経つと、また出てくる値があるかもしれないんだ。それと、今、ドイツで始められている検査方法があってね。まだ日本では主流になっていないんだけど、その検査もしてみたらどうかと思うんだ。」

「体質が変わっているということですか?」

「そういうこともあるからね。その検査結果を見て、もしかしたらアスピリンか、もしくはヘパリンをするようになるかもしれない。グロブリンはね、本当に原因不明の時なんだ。検査結果を見て、アスピリンでもヘパリンでもダメな場合、ということになるんだ。」

そっか~。本当に、最後の最後。原因不明の場合に、グロブリンってことになるんだ。

「とりあえず内診させてもらってもいいかな?ちょっと状態を診たいんだよね。」

「はい。」

「△※◇□%#△×Θ?」

「え?はい?」 E先生、小さい声だしぼそぼそ話すので聞き取れません。

「△※◇□%#△×Θ?」

「えっと…?はい?(;^ω^)」

E先生の後ろで看護師さんがくすくす笑っています。

「基礎体温表は持ってきた?ごめんね、僕、滑舌が悪いんだ。」

「いえ、こちらこそすみません、はい、持ってきました。」

看護師さんは堪え切れずに肩を大きく揺らして笑っています。よくあることなのかな?(;^ω^)

「うん、排卵したかな?」

「はい、ちょうど今日から高温期に入りまして、排卵したかもな~って思ってました。タイミングは取りましたけど…。」

「うん。見てみようね。」

想像してもみなかったぐらいの優しいE先生に感動を覚えながら、私は内診台にあがりました。



クリックで応援してもらえたら励みになりますm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 マタニティーブログ 不育症へ
にほんブログ村






野蚕シルクで出来た冷え取り靴下【リンマー】公式サイトはコチラ

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tyukakusikyu.blog.fc2.com/tb.php/456-b6aa231f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

もっと早く受診していればよかった… «  | BLOG TOP |  » いよいよセカンドオピニオンへ

プロフィール

小林ルカ

Author:小林ルカ
2008年3月に結婚。現在43歳。
4度流産後、中隔子宮とわかり、子宮中隔除去手術を受けました。手術後、人工受精へステップアップするもなかなか妊娠せず、結局自然タイミングで妊娠。しかし5度目の流産となりました。現在、ガンマグロブリン治験にむけ妊活を継続中。不育症治療を記録していきます。
私の妊活について詳しくはこちら

不育症で頑張っている方たちです

最新記事

カテゴリ

自己紹介 (1)
不育症 (16)
初めての妊娠、流産 (3)
2回目の妊娠、流産 (3)
3回目の妊娠、流産 (6)
4回目の妊娠、流産 (6)
青木産婦人科クリニック (3)
大学病院 (10)
家族のこと (4)
生殖医療センター (10)
不育症検査 (6)
子宮中隔除去手術 (16)
手術後の経過 (10)
手術後の検査 (5)
手術後の妊活1周期目 (18)
手術後の妊活2周期目 (41)
手術後の妊活3周期目 (35)
手術後の妊活4周期目 (29)
手術後の妊活5周期目 (25)
手術後の妊活6周期目 (21)
手術後の妊活7周期目 (16)
手術後の妊活8周期目 (11)
手術後の妊活9周期目 (15)
手術後の妊活10周期目 (16)
手術後の妊活11周期目 (10)
手術後の妊活12周期目 (10)
手術後の妊活13周期目 (11)
手術後の妊活14周期目 (10)
手術後の妊活15周期目 (8)
手術後の妊活16周期目 (11)
5回目の妊娠、流産 (13)
5回目の流産後の経過 (8)
流産後の妊活1周期目 (10)
流産後の妊活2周期目 (6)
流産後の妊活3周期目 (5)
流産後の妊活4周期目 (3)
流産後の妊活5周期目 (3)
流産後の妊活6周期目 (4)
流産後の妊活7周期目 (6)
流産後の妊活8周期目 (16)
流産後の妊活9周期目 (5)
体外受精に向けての準備 (13)
初めての採卵 (5)
2回目の採卵 (8)
3回目の採卵 (8)
4回目の採卵 (12)
5回目の採卵 (4)
6回目の採卵 (3)
妊活レシピ (7)
FC2ブログ (2)
皮膚線維腫 (2)

アクセスランキング

不育症学級

PR

anniversary

月別アーカイブ

最新コメント

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。